パートナーと衝突したとき、何を見るか【恋愛・結婚・パートナーシップ】

中村あやです。

明日の晩、オンラインのトークイベントに出ますので、よかったら^^

⇒ オンライントーク&ミニセミナー「パートナーと衝突した時、何を見るか」
105() 21時~22時半

お申し込みはFacebookですが、ZOOMで行います。

 

それにあたってね、語っておきたいことがあるんですよ笑

 

 

あなたはどちらの道を進みたい?

 

【痛みに開いて、愛に繋がる道】【痛みに閉じて、愛から外れる道】しかない」

これは、私が今、パートナーシップのプロジェクトでチームを組ませてもらっている、二子渉さんから出てきた言葉。

そして私が深く、共感した言葉。

 

一番重要なのは「出会い」でも「別れ」でもない

私は世の中に対して、異を唱えたいことがある。

それは、恋愛・結婚・パートナーシップ、なんでもいいけど、それらが上手くいくためにおいて、たいていにおいて重要視されているのが「出会い」「別れる時」「別れたあと」か、ってこと。

ほとんどの情報やサポートも、「出会うため」「出会い方」か、「別れるため」「別れたあとのこと」のためにしかないってこと。

 

でも、一番難易度が高いのは、まさに「相手とどうするか??」という部分、つまり「相手とどう上手くやっていくか」という部分。

「相手とどう愛を深める関係を紡ぎ続けていくのか」ということ。

 

だけど、ここの情報やサポートが、一番ない!!!

だけど、一番大事で重要なのは、ここじゃないですか?!

それを声を大にして伝えたい。笑

 

パートナーと衝突したときどうする?

出会ってから、どうする?
別れを決める前に、できることなかった?

そこを一番知りたくないですか??

 

そこを一番知りたかった、ということを学んでいって、今も実践中という、私たち夫婦含めたカップルが、明日10/5(金)夜、オンラインで熱く語ります。

題して『パートナーと衝突した時、何を見るか』

 

「相手とどう愛を深める関係を紡ぎ続けていくのか」の大きなポイント、というか、唯一ここだけ押させておくことが重要くらいのものだと、個人的には思っているんだけど、それが『パートナーと衝突したとき』なんです。

で、パートナー間における衝突(ケンカ、すれ違い、行き違い…)というのは、“傷や痛みが反応しあっているとき”、なんです。

そして、多くの人は傷や痛みを感じたくないがために、別れを選んだり、それ以上関係が深まらないところでバランスをとったり、親や家族という役割を持たせるだけにしたり、ということをします。

 

これが冒頭の、ふたこさんからの言葉、

「【痛みに開いて、愛に繋がる道】か、【痛みに閉じて、愛から外れる道】しかない」

に繋がります。

 

痛みに閉じて、感じることを、つまりハートを閉じれば、愛情はそれ以上深まらないし、深まらないだけでなく、冷えていき、いつか関係は終わりを迎えます。

けれど、痛みに開き、感じることに向かって、ハートを開いて行けば、痛みや傷を昇華し、それを愛に変えていくことができる。

それをパートナー間で取り組み続け、共有し続けたとき、愛情が深まり続け、終わる不安のない関係になっていく。

 

衝突を愛に変えていく方法がある

 

じゃあ、どう【痛みに開き、愛に繋がる道】を歩んでいったらいいのか?というと、ちゃんと方法がある。

それだけでも救われないですか??

 

直感的にできていたらそれはラッキーだし、わかる人にはわかって、わからない人にはわからない、という話でもない、ということ。

ちなみに私たちもできている部分とそうでない部分があって、そうでない部分が去年に大きくなりすぎ、愛情はあるにもかかわらず、関係が破綻しそうになりました。(おかげさまで乗り越えられました^^)

 

トークイベントでは、実際どうやってるの??というリアルな話が中心になると思いますが…、実践しているカップルは何をしてる?どんな雰囲気?などなど、気軽に触れられる場です✨

金曜の夜なので、お茶お酒片手に、ゆるゆるっと、でも、真剣に、でもお好きなように!笑、どうぞご参加くださいね〜✨

⇒ オンライントーク&ミニセミナー「パートナーと衝突した時、何を見るか」10月5日(金) 21時〜22時半

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください