お金の“額”じゃ、本当の豊かさは測れない【珈琲屋さんの仕事していて気がついたこと】

この地球上で 懸命に生き抜いてきた

私の愛する たましいの仲間たちへ

 

中村あやです^^

ちょっとご無沙汰しちゃいました。

私たち夫婦にとって、ものすごい変化を起こしたのが、4月のこと…

その余波がね、5月まで続いていまして、そちらにある意味かかりきりでございました。

でもいい変化よ!

 

本当は変化にいいも悪いもないけれど^^

たましいとエゴの願いを統合させた上での、望んで、意図的に起こせた変化でした♡

や〜、しかし影でワークはたくさんしましたーー。

絶対変えたかったから。

 

人からの(それと天からの)サポートも借りながら、一人でもやもやざわざわ感じて…

その結果気づいた、不要な思い込みに気づいて、手放して。

その上で、今までやったことのないことも勇気出してやってみて…

 

“ちゃんと自分で人生を創造していけるんだ”という、体感の伴った想いが育つ、本当によき経験をさせてもらえました。

 

 

去年の11月から、自家焙煎のお豆を販売する珈琲豆屋さんで働き始めました。

⇒ 実は…新しく仕事を始めました!【新しいことを始める時に重要なこと】

⇒ 新しくもう一つ仕事を始めた理由【自分を活かす働き方を考える】

 

それでね…

お金について、すごく変化していることに気がついたんですよ。

それはなにかって言うと…

 

お給料日がくると、

“あ、いつの間にかお金入ってる〜

わーこんなにもらえるの?? やったー✨”

って感じること♡

 

お金が入ってくる日を、気にしてない。

お金が入ってくる額を、気にしてない。

 

以前の私は〜〜そんなこと全然なかった!!

お給料日は要チェックだし、いくら入ってくるかも、当たり前だけど超チェック!!

 

いつの間にか変わった、この自分の心の声から、あぁ今の私は、お金のため(だけ)に働いていないんだ、って感じました。

そうなったのにはもちろん、いろいろしてきたからだけど、なんでかなぁって考えたら、働いていて楽しいこと、豊かなこと、経験など、お金以外にたくさん受け取っているものがあるからなんですよね。

 

それはね、私にとって、とっても好きだ!!興味津々!!と感じる、自家焙煎の珈琲屋さんでの仕事、ということが一つ。

「自分の大好きな分野」であること。

 

それから、私は人と関わること、話せば話すほど元気になります。

どんな人との会話もたいてい楽しくって(交流できない人、一方的に話す人は別だけど)、話すと相手の人も元気になるのを感じるんですよね♡

これは「私の強み、得意を活かしている」、ということ。

 

だからね、無理がないんですよね。

頑張ってやってない。

 

これってすごいいいことだな〜〜って。

こうして、無理しなくても、楽しくやって、お金受け取るっていう経験を、どんどんしちゃってるってことでしょう??

(そしてそして、この珈琲屋さんはアルバイトという形ですけれど、珈琲とその先にある、夢やビジョンもあります♡)

これをどんどん拡大していけたら、私も、周りも、お金も、みんなハッピーー♡になりますよね^^

 

もちろんね、ここに至るまでに、私がやってきたことは本当にいろいろあって…

それは、自分の大好きな分野をちゃんと見極めること、そしてそこに携わっていいと許可すること。

それから、自分が無理なくできる強み、得意な部分を知ること、それを活かしていけるんだと受け入れ、それを使う許可をすること。

意外とね、許可する、って言うのが重要だったりします。

 

人生で望む現実・変化が起きないのであれば、たいていのことは、無意識の部分で許可が下りていないから、なんです。

そういう時って、いくら意識で「〇〇しよう」って考えても(思考)、自分の行動を司っているのは無意識の部分だから、それじゃ絶対変わらないんです。

無意識の力は強大〜〜。でも悪いってことじゃなくてね、そういう仕組みってこと。

 

 

今ね、とにかくお金について、どんどん意識が変わっているなぁって感じてます。

お給料日のあと、口座を確認してみて、“わ〜こんなにお金入ってる♡”って感じるのって、アルバイトでも時給のために働いてないってこと。

そんな風に、お金のためではない、本当の豊かさのもと、働いていくことってできるんだよ、っていうのを、もっと多くのみんなに知って欲しい〜〜!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください