世界は優しいなぁって感じたお話【所持金足りず危うく無銭飲食?!】

中村あやです。

東京はおとといくらいからぐっと冷え込んできてます。

今日はついにダウンコートを着ました!

 

 

セッションが終わって、もうちょっとお仕事していこうかな、と思って、どこのカフェ・喫茶店に寄るか、迷ってました。

帰りの電車には乗っていたので、最寄駅に着いたら…と考えていたら、お腹が痛くなってきました。

これはトイレが必要…と、すぐ着く駅にもお気に入りの喫茶店があったので、ここで降りることに。

入ってすぐまずおトイレを借りたのですが、お会計の際、お財布の残金を思い出して、冷や汗!

た、足りない…

 

どこかに入る前に銀行に寄ろうと思っていたのに、そんなこと考える間もなく、トイレのために喫茶店に入ってしまったことに!

やっちゃった!!

ここはカードが使えないお店…

わかってはましたが「カード、使えませんよね??」

一応尋ねてみる、がやはり^^;

 

所持金が足りないことを申し出ると、マスター、「明日でいいですよ^^」と!

明日来られるかわからない旨伝えると、「次、いつでもいいです。いつもお顔お見かけしているので、覚えておきます、大丈夫ですよ^^」と!!

もう、あばばばばばと慌て、申し訳なくって、すみませんと連発してしまう私。

マスターはとっても優しかったのに、私はずいぶん恐縮してしまいました^^;

私が逆の立場なら、やっぱり「いいですよ^^」と言うものだと思いますが、やっぱり逆の立場におかれたら、そうは思えないもので。笑

 

結局、喫茶店のごく近くにATMがあって、すぐ寄れて、帰りの電車も発車しちゃったばっかりだったので、もう一度喫茶店に寄り、きちんとお支払して帰りました。

そうそう、私がお店を出ようとしたタイミングは、ちょうど閉店時間だったんですよね。

お店とATMはすごく近くて、レジの締め作業も終わってなさそうだったので、お支払いしていきました。

 

いやいやいや…

本当冷や汗ものでした^^;

お支払の件だけじゃなく、おトイレもとっても助かった。

失敗に対してとても優しく、暖かくフォローしていただき、“世界はなんて優しいんだ…”としみじみ感じました。

 

今日のセッションで出てきたのは、ご本人も忘れていたような、深い傷。

そういう深い傷っていうのは、自分自身が許せずにずっと抱えてきたからこそ、奥深くに残っていたもの。

どんな痛みも、失敗も、許して、受け入れて、愛せてあげたら、本当に楽になっていく。

自分の心の奥底にある、痛みや失敗が、自分の世界をツライものにしたり、厳しいものに、狭いものに、してしまってる。

 

だけど、ちゃんと、今のあなたなら、受け止めて、癒して、世界を広げてあげられる。

世界は優しいんだよって、過去の自分に言ってあげられる。

 

こうして、失敗に優しい世界になっていったら、世界はどんどん優しく暖かく、みんな生きやすくなっていく。

そういう世界を、創っていこう。

まず、私から始めよう^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください