Unparalleled View

アンパラレルドビュー 【まるごと“わたし”で生きていく!】私自身が宇宙の中心、創造のみなもと

読書

読書量がいきなり三倍に!読書好きなのに読書量月5冊以下…から変化した秘訣!

中村あやです^^

昨日、5月の読書リストをアップしました。

読書記録【2017年5月】

その中に、4月は4冊だったのに、5月は三倍以上の15冊(回)読めたよ!ってことを書きました。

そのきっかけと、どうやって実際に読めるようになったのか、などについて、詳しいことを今日は書きたいと思います^^

 

 

読書量が三倍になった、そもそものきっかけはyoutubeとある本

まず、こちらのyoutube配信。

「どんな本でも大量に読める速読の本」 著者宇都出雅巳さんと一月万冊清水有高さんの対談

そして、こちらで紹介されている本を読みました!

 

もともと、私自身は読書が大好き。
小学生の頃から、父がよく本を買い与えてくれたので、子供向けの小説(クレヨン王国シリーズなどなど)をたくさん読んでました。

 

読書のなにが好きなのかというと、“新しい視点が手に入り、新しい世界が見えてくるから!”です。

今まで自分が知ってきたこと、体験してきたことと、今まで知らなかったけれど本で知ったこと、それらが繋がって、世界が広がる感覚そのものが楽しい!!

 

ただね…今までの私は明らかに、こうだったんですよ…

私の興味、読みたい本>読めるペース

これが想像以上にストレスだったみたいで…

 

今までは、1冊をがんばって通読(基本的に通しで最初から最後まで読む)しても、理解も浅かった。

と言えるのは、読めるようになってきて、ずいぶんがんばって読もうとしてたんだな、最初から最後まで1回しか読まないから、理解も浅かったんだな、ということがわかってきたんですよね。

 

知識がストックされていないと読めない?!

youtubeを見て、目ウロコ落ちまくりでした!!

そもそも、本に書かれているベースになっている知識を知らなければ、読めないということ。

つまりね、たくさん読んでストック(頭の中にある知識)が増えれば増えるほど、早く、たくさん読めるようになるよ、っていう結論だったわけです。

 

なーんだ、と思うでしょ??

でもね、私が過去読んだ速読系の本って、そういうことは言ってなかったんです。

で、実際にやってみたけど、どうもしっくりこない。

そりゃそうです。
知識がないんだから、理解もできてるわけがない。
読んでも理解できないなら、読んだとは言えないですよね^^;;

早く読みたいけど、結果として求めていることは、理解したいわけですよね??

 

じゃあそのためにどうしたらいいかっていうと、知識をストックさせながら、何度もたくさん早く、繰り返し読もう!ってことを、著者の宇都出さんはおっしゃるわけです。

それが、宇都出さんのおっしゃる「大量高速回転法」なのです。

 

そのポイントになっているのが、

・ストック・リーディング
・ゲシュタルトを作る
・わからないところは飛ばす
・目次を覚えるまで読む

などです。

 

詳しくは本を読んでね〜〜

⇒どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 

私がどう実践しているか

「大量高速回転法」を実践して、まだまだ日が浅い私ですが、意識していることを書いてみますね。

とにかくやっているのは、

1.目次を何度も(回転させて)読む
 ↓
2.まえがき、あとがき、を読む
 ↓
3.本文をパラパラめくりながら、読む

この繰り返しです。

 

特にしっかりやっているのが、「目次を何度も読む」ことです。

目次って、構造なんですよね。

全体を通して、どんなことが書かれているのかっていう、道筋がわかるわけですよ。

 

一冊通読しているときには、目次って見るけど、あんまり読んでませんでした。
よくわからなかったから^^;

全部読めばわかるでしょ!くらいに思っていたかもしれませんねぇ。笑

だけどね、それって、これから自分が入っていく、例えば森としましょうか。

その森が、全体的にどんな道を通っていくのかが、わからないまま、中に入っていくようなもの。

木を見て森を見ず状態になるわけですよね。

 

でも先に目次を見ておくと、これから入る森がどんな森なのか、全体像がよく理解できてから入るわけですよ。

本文が理解しやすいでしょ?

 

実は、目次を何度も目にするように読んでいるだけで、理解がすすむ実感があったんです。

たとえば、“わからない”ってことがわかったり、どの本にもある大まかな流れがつかめるようになってきたり、その本そのものの流れもわかったり。

 

だから、本文パラパラも何度も繰り返すんですけど、本文を読む前は、必ず目次を確認します。

本文読んでる途中でも、時々目次に戻ります。

森見て、木を見て、って繰り返す感じでしょうか。

 

とっても大事なのが、3の本文に入る前の、1と2です。

まえがき、あとがきは、著者の方が、本で何を伝えたいのか?ということをシンプルに書いてくれています。
つまり本の要約のようなもの。

 

私が回転させる時は、1、2、3の順で、あとは1、3を念入りにする感じ。

 

 

で、実際3で本文を読んでいくときに大事なのが、わからないところは飛ばす、ってこと!!

わからない=ストックがない=知識がない

ので、そこだけをじっくり何度も読んでも、わかるわけがないんです。

わからないところは、この辺はわからないな〜〜って飛ばして、それよりも何度も読む方が大事、ってことです。

 

そして、知識がなくってむずかしいな、と感じる本は、三、四回転くらいさせてます。

そして最終的に3での本文は、わりと丁寧に読むようにしてます。
(以前の通読に近い、と感じるけど、多分全然早い)

しかし、それまで何回転かさせた後の、本文読みは、本当に理解が深まる!!!
全然違います!

 

また、今はとにかく、目次の章立て、小見出しがしっかりしているものが、とにかく読みやすいです。

抽象度の高い本ほど、実は目次がシンプルだったりして、今の私にはちょっとむずかしいので、ひとまず横に置いておいてます。

 

ちなみに、私が1回(冊)読んだ、とカウントするのは、
1.目次を何度も(回転させて)読む
 ↓
2.まえがき、あとがき、を読む
 ↓
3.本文をパラパラめくりながら、読む
の1サイクルが完了したら、としてます。

 

読書量以外の変化について

なによりも〜〜〜〜、読書が楽しい!!
結果的に読書時間が増えてます♡

もともと本を読む体験そのものが好きだから、ストレスなく、理解できるようになってきたら、そりゃたくさん(時間も本も)読みますよね♡

 

それから、大きいのは、一冊通読していた以前よりも、理解が深まること!!

理解できる→楽しい→たくさん読みたい!→たくさん読む!!

そして、読めば読むほど、頭の中に知識がストックされていくわけだから、この先さらに早く読めるようになっていくんだよね〜〜、という希望が、読書を後押ししてくれています♡

 

読書が増えた、他の理由

そもそも読書が増えた、実際の読書法以外の理由も、今浮かぶ範囲では、二つほどあるかな、って思います。

一つが、そもそも読書が大好きだってこと。
本を読むことが、私にとってすごくしたいこと(want to)だったから、ということがあると思います。

 

want toはコーチング用語の一つですが、have toと対比させてあって、人は自分に取って本当にやりたいこと(want to)はどんどんやってしまう。

逆に〜ねばならない(have to)と感じていることは、エネルギーもモチベーションがわかない、行動できないのです。

(ちなみに、have toで働くのと、want toで働くのとでは、10年で利益が756倍違ってくる、という結果も出ているそうですよ♡)

 

それから、もう一つが、読書が当たり前の人たちとの繋がりを持ったこと。

最初に紹介したyoutubeのチャンネル。

速読 多読 一月万冊 清水有高

清水さん、それから清水さんの会社の社員の方たちの読書量が、すごい!!

タイミングが合えば、オンライン配信を聞いていますし、あとから再生もよくしてます。

 

これもコーチング用語ですが、コンフォートゾーンを広げる、ということとも繋がります。

コンフォートゾーンとは、心地よい範囲ってことですが、自分に取って慣れ親しんだ場所、ってことです。

つまり、たくさん読書するのが当たり前っていう人が、あまりいなかったゾーンから、たくさん読書するのが当たり前!読書楽しい!っていうゾーンに、広げていってる、ずらしていってる、ってことですね。

 

よく変わりたいなら環境を変えろ!と言いますが、それはコンフォートゾーンをずらしていく、ってことです。

自分の当たり前が書き換わっていくような環境に、自ら身を置いていくこと、ですね^^

 

これからさらなる読書に向けて

長くなってきましたが、まとめです。

本がたくさん読めるようになるには、たくさん読むしかない!!という、身もフタもないお話なのですが、そっか!!^^と明るく捉えられたなら、もう変化は始まっていると思います♡

理解はあとから、一回読んでわかろうとしない、

わからないところは飛ばしていい、

そのかわり、繰り返し、たくさん読もう♪

 

ということで、たくさん読めば読むほど、さらに読めるようになるはずなので、今はこの読み方に慣れることが、一番優先かな、と思っています。

そのために、読みにくい(知識、ストックのないもの、文章量が多いもの)本よりも、読みやすい(知識がある、文章量が多すぎない)本、それから今自分が読みたい!という(want to)興味が湧いている本を優先して、読んでいきます。

そのうち、文章量の多い厚い本、むずかしい(知識、ストックがないもの)本も、徐々に読めるようになっていったらいいな〜〜と思ってます!

 

しばらく、毎月の読書リストはブログでアップしていこうと思います。
(自分の読んだ本をぜんぶ出すって、自分自身が見られてるようでちょっと恥ずかしいけど、思い切って♡)

また読書についても、書きますね〜〜〜!

 

今日の記事は、保存版かな〜〜〜!

ワークショップ

【モヤモヤは転機のサイン!
失敗も痛みも 前に進む力に変わる
まるごと“わたし”で生きていける】
「まる生き 1dayワークショップ」

詳細、お申し込みはこちら

お便り箱はこちら

◆中村あや公式LINE@

★ブログには書かない、書けない?!濃いお話はこちらで読めます^^
登録後、右上お家マーク(ホームボタン)をクリック、からご覧いただけます。

★感想やご質問、お送りいただけます。
私だけに届きます。
わりとお返事させていただいていますー♪

★LINE@のみのサービスは
・遠隔トーゴーワーク(ご希望者のみ)
・ソウル・パートナーシップについて、旦那さまと二人での対談音声

友だち追加

◆中村あや宛へのメッセージはこちら
メッセージを送る

◆サービスなどについてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
 

-読書