Unparalleled View

アンパラレルドビュー 【まるごと“わたし”で生きていく!】私自身が宇宙の中心、創造のみなもと

つぶやき

飢えた心の行方が示すもの〜心の闇は誰でも持っている【映画『ハングリー・ハーツ』を観て】

2017/05/15

中村あやです。

昨日見た映画がかなり良かったので、書き記しておこうかな。

こういう心の闇を描いている作品は、映画でも本でも、けっこう気になって手に取ってしまう。

運命の出会い、結婚、出産。
幸せなはずなのに、壊れてゆく心
それは愛か、狂気か。

『ハングリー・ハーツ』

 

 

2014年の作品で、「第71回ヴェネツィア国際映画祭」で主演男優賞&主演女優賞、W受賞した作品。

映画公開は2016年10月。

 

この作品のいいところは、余韻があること。
余韻というのは、考えさせられる、ということ。
そして、簡単に答えの出ない問いかけ、投げかけであること。

 

愛と狂気の境目について描いている映画だけど、その境目なんてあってないようなもの。裏表だから。

本格的なネタバレはなしで書きますが、細かいネタバレはあり。

 

ミニシアター系映画(なのかな??)って、制作費がかけられない(かけない)こともあってか、登場人物も少なく、派手なシーンもないけれど、その代わり出てくる人の濃厚な心情を表す描写がすごく多い。

カメラワークもちょっと変わっていて、二人の心がどんどん狭くなっていく様子、その表情が捉えられていく。

 

最初は、ニューヨークの中華料理屋のトイレに二人で閉じ込められるシーンから。
すごく楽しそうなスタートなのだけど、唯一明るいのがこのシーン。

 

だけど、このトイレという閉鎖的な空間ということが、この先の二人の心の行方を表しているように思う。

 

愛か、狂気か。

妊娠、出産を機に、どんどん神経質になり、考えが狭く頑なになっていく、妻ミナ。
子育ても偏ったものになり、結果子供は栄養失調になっていく。
しかし西洋医学、病院は完全に拒否。

このままでは子供が死んでしまう、守るためにと、夫ジュードはミナとぶつかり、その対立は深まっていくばかり。

 

その衝突はどんどんエスカレートしていき、結末はどこに繋がるのか?
地味な映像(登場人物も少なく、派手なシーンもない)だけど、目が離せない展開。

 

愛か、狂気か。

タイトルは、ハングリー・ハーツ、で複数形。

妻側の狂気に目を向いてしまいがちだけど、実は夫側の男性からも、少しずつ狂気が匂い立つ。

お互いに理解し合えないこと、し合わないことから、衝突は深まっていくが、どちらかが歩み寄れたり、理解することができれば、どこかで対立は解消されていく。

妻側の狂気を支えたのは、夫側にもあった狂気なのではないか。

二人の世界がどんどん、閉じていく。

 

このままの展開で進むかという中、夫婦二人だけの狭い空間に、もう一人が。

だけど、空間は閉じたまま。
最後、最悪のシーンを迎える。

 

愛か、狂気か。

本当に、飢えている心を持っていたのは誰か?
そして、それとどう付き合っていけばよかったのか?

それぞれの“飢えた心”による行方は、最悪の結果になったけれど、誰が悪いわけでもない。

そう、みんながみんな、自分なりに“よくなるように”と考えて行動した、結果なのだから。

いい悪いとは言えるものではない。

 

誰でもこの“飢えた心”は持つものなら、自分がどう生きるかだけ。

心の闇は否定するものではない。
そもそもなくなるものではないから。

それを抱えてどう生きていくのか?
ということだけじゃないだろうか。

 

結末は暗いし、救いのない映画であるようで、この映画を見て、よくなかったと感じる人は、そんなにいないはず。

 

それは、心の闇を抱えてどう生きていくのか?
また自分一人のことだけではなく、心の闇を抱えたもの同士、どう生きていくのか?

という、深い問い掛けを残してくれるからじゃないだろうか。

ワークショップ

【モヤモヤは転機のサイン!
失敗も痛みも 前に進む力に変わる
まるごと“わたし”で生きていける】
「まる生き 1dayワークショップ」

詳細、お申し込みはこちら

お便り箱はこちら

◆中村あや公式LINE@

★ブログには書かない、書けない?!濃いお話はこちらで読めます^^
登録後、右上お家マーク(ホームボタン)をクリック、からご覧いただけます。

★感想やご質問、お送りいただけます。
私だけに届きます。
わりとお返事させていただいていますー♪

★LINE@のみのサービスは
・遠隔トーゴーワーク(ご希望者のみ)
・ソウル・パートナーシップについて、旦那さまと二人での対談音声

友だち追加

◆中村あや宛へのメッセージはこちら
メッセージを送る

◆サービスなどについてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
 

-つぶやき
-