ほんとうの自分らしさに目醒める つぶやき

普段から“〜しなきゃ”が口癖になっていませんか?

中村あやです。

最近ね、睡眠の質をもうちょっと高めようと思って、久々に睡眠アプリで睡眠波形を記録してます。

眠りが深いか、浅いかがチェックできるの。

 

 

それで気づいたこと!

翌日、起きる時間を決めなくていい(対外予定がないとき)は、深い睡眠が多く、質が良くてぐっすり眠れる。

ところが、起きる時間が決まっていると、浅い睡眠が多くて、質が下がってしまって起きても眠いの。

これね…
この時間に起きなきゃ!と思うことで緊張しているんだってことがよくわかった。

 

緊張すると、眠りは浅くなるんだよね。

やっぱりすべての鍵は、リラックスだな、って思った。

ちなみにリラックスするというのは、信頼することでもある。

 

起きなきゃ!と思っているときは、そもそも起きられないんじゃないか、って否定のイメージを持っているんだよね。

だからそこに向けて緊張してしまう。

でもぐっすり寝て、すっきり起きられる^^って信頼すると、リラックスできるのだと思うのね。

 

55b1a43001fe764aaa7ffb7e0612f542_s

 

これ、なんにでも言えるな、って気づいたのです。

早くしなきゃ、とか、しっかりしないと、って自分で自分に向かって言っていること、ありませんか?

「〜しなきゃ」、このセリフを、自分に向かって唱えたことのない人っていないと思うんです。

 

でもそうするとね、〜しなきゃ、の前に、そもそも〜できてないっていう否定のイメージがくっついてる。

そのことで上手くいかないことが、たくさんあるんだって、私たちはそろそろ気づくべきなのかもしれない。

 

やることはやることで大事。

でも〜しなきゃいけないことなんて、何一つないんだって。

 

本来の自分に目覚めることも同じ。

本来の自分=内なる神 が、自分の内側にいるんだ、って信頼する。

そうすると、その自分が、どんどん表に現れてくる。

 

するとね、ライフワークを生きることに繋がっていく。

リラックスも、信頼も、本来の自分に目覚めるためのキーだから。

 

投稿者プロフィール

中村 あや
インナー・パワー・コーチ 中村あや

幼い頃から、なぜ私は私なのか?という疑問を持ち、心の不思議に強い興味を示す。

6歳から始めた17年のクラシックバレエの経験、幼少期からの読書体験を通し、感受性を育て、自分を生きる、表現することを学びはじめる。

その後、感情・感性にフタをした経験から、身体と心の繋がり、脳科学、心理学、仏教(ブッダのエッセンス)、潜在意識の仕組みを深く学ぶ道に。
本質的に、人が豊かであることとは?幸せであることとは?という探求を続けている。

自身の体験・強みによる「感じる力」「内観・内省」「受け止める力」に、コーチングのスキルを合わせ、“ほんとうの自分らしさに目醒める!”をテーマに、新しい生き方、あり方を導くコーチとして活動している。

中村あや・よしひさのワークショップ

ど真ん中の願いをつかもう!
たましいの喜びいっぱいで生きられる
身体と心の整え方ワークショップ

7/15(日)、29(日)都内午後、開催予定
詳細お待ち下さい✨

現在受付中のセッション

モヤモヤは転機のサイン!
失敗も痛みも 前に進む力に変わる
まるごと“わたし”で生きていける
「まる生き」個人セッション

お便り箱はこちら

◆中村あや公式LINE@

★感想やご質問、お送りいただけます。
私だけに届きます。

★ブログや、YouTubeの更新もお知らせ♪

友だち追加

◆中村あや宛へのメッセージはこちら
メッセージを送る

◆サービスなどについてのお問い合わせはこちら
お問い合わせ

-ほんとうの自分らしさに目醒める, つぶやき