まる生き手帳術はほぼ日手帳から生まれた【書いても書かなくてもいい、書きたいときにはスペースが用意されているという安心感】

中村あやです。

“まる生き手帳”とは、私が名付けたもの。

丸ごと自分を生きる、どんな自分にも丸する、という意味で“まる生き”。

これは友人が閃いてくれた言葉で、気に入って使わせてもらってます♡

 

 

文房具好き。だけど手帳は活用できていなかった…

私は昔っから、文房具が大好き!

ペンやノートを見ているだけで、すっごくワクワクするというか、満たされるというか♡

だからもれなく手帳も大好きでした。

だけど、手帳を上手につけられることって、ほとんどなくて…

予定は書いておくものの、なんとなく白紙が多かったり、はっきり言って活用しているとは言い難いレベルでした。

それが手帳を書くことが楽しくなってきたのは、明らかにこの手帳との出逢い。

それは、ほぼ日手帳!

⇒ ほぼ日手帳2018

なぜよかったのかというと、一日一ページがメインの手帳だったから。

2011年からほぼ日手帳カズン(A5サイズ)を使い始めて、2018年で8年目^^

 

一日一ページ型手帳で、日記的なメモをつける

私はもともと、自分の気持ちや感情と、自分自身が乖離しているな、と感じた経験が15歳くらいの時にありました。

それは友達の言葉。

「あやちゃん今日元気だね。なんかいいことあったの〜?」

私、「ん〜別に〜」。

そう、特にないと思いました。思い当たらなかった。

だけど友達がそういうってことは、いつもより明らかにテンションが高かったからなんでしょう。

そしてその日の夜かなぁ、考えていたら…

“あ、あの出来事が私にとって楽しかったことだったかも!”と思い出しました。

そもそも自分が明確な意志を持って、感情を抑えた経験があることは知っていたので、そうなる理由に思い当たることははっきりありました。

 

ただその時、“自分のことなのに自分がわからないのは、おかしい”と感じて、自分の感情を取り戻そうと決めたんです。

自分で自分のことがよくわからない、ということを明確に理解したことは、私にとってすごくショックなことでした。

これはおかしい、このままじゃダメだってことを、危機感を持って捉えられたんです。

 

そう思い、取り戻そうと決め、始めたことが、日記をつけることでした。

最初に選んだものは、無印のリングノート、中はドット柄のシンプルなノート。

書くこともとってもシンプル。3行か5行程度。

今日起きた出来事、それに対して自分が感じた気持ち。

おおよそネガティブに感じることの方が多かったけれど…

 

どんな出来事に対し、自分がどんなことを感じるのか。

書いて繰り返していき、自分を確かめていったんです。

 

そうやって日記的なメモをつけることは、途中途切れたりすることはあれど、25年以上もの習慣になっています。

ほぼ日手帳というツールと、日記をつけることで自分を理解し、知っていくという習慣は、とっても相性がよかったんですよね。

とはいえ、最初の頃は白紙も多いし、書いてあることは日記的なメモ以外のことなども。

メモして残す内容に、全然ルールはありませんでした。

 

ほぼ日手帳は“日々を記録しようよ”という手帳

だけど、ほぼ日手帳というツールを持っていたことの良さとは。

毎日、なにか書くスペースが用意されている、ということ。

これは、私が私の気持ちを受け止めたい時に、受け止められるスペース、器が用意されているよ、ということ。

私はそれを重くて大きいながらも、ずっと持ち歩いていたかったんじゃないかなと、ちょっと思います。

(人前に出すたびに「大きいね!重そうだね!」と言われていたけれど、ずっと持ってた。笑)

 

そして、ほぼ日手帳発案者?の糸井重里さんもいつも言うのですが、「白紙があっても構わないじゃないか」ということ。

「なにも書いていない」という日が残っていることにも、意味がある、と。

書かないことがダメという手帳ではなかったこと、書かないこともありだよね、という手帳であったこと。

これもおそらく続けられた一つの一因です。

 

そして、ほぼ日手帳自体が、手帳でもスケジュール帳でも日記帳でもない、「LIFEのBOOK」と謳っているんです。

だからノートよりも日々の流れが意識できるけど、いわゆる手帳よりも自由度が高い

そういう思いや世界観の込められた手帳だったから、今も好きでずっと使い続けているんですね。

 

だからこれは手帳のようでいて、手帳じゃない。

それが最初、“ほぼ日記的メモ”と言っていた理由です。

だけど今は、手帳という部分もすごく活用できるようになっていて。

それはでも絶対に、ただ、一日一ページというスペースに、自分の気持ちや感情を記すこと、それがベースにあったからできるようになったんです。

 

 

長くなってきたので、続きますね!

 

2018年ほぼ日手帳、私の今年の手帳の布陣はこちら

これが2018年、今年の私の手帳!

ブルーの花柄カバー、ほぼ日手帳カズン。

手帳カバーは2017年から引き続き。

中身は分冊版のavecで、こちらは記録メイン。

一日一ページのデイリーページに、出来事、感じたこと、気づいたこと、ひらめき、次にやってみようと思うことを。

ウィークリーページは、時間軸にそった、その日のログを。

マンスリーページには、その日特に頑張ったこと、楽しかったこと、褒めること、自分に対するいいね、褒める、労わることを。

 

ピンクの表紙のほぼ日手帳weeksは、おもに予定、todoを。

ただやらなきゃいけないことをtodoとして書くのではなく、あくまでもカズンに書いてある日々の自分の調子、流れをキャッチした上で、書き出しています。

 

⇒ ほぼ日手帳2018

実際手に取って見たい、ということであれば、ロフトへゴー!

⇒ ロフト / ほぼ日手帳2018

⇒ LOFT

 

また書きます!

 

まる生き手帳術を、みんなでシェアしながら取り組んでみよう!というオンラインコミュニティを今月スタートします!

興味のある方はLINE@へ登録ください^^

登録はこちらから!

友だち追加

もしくはQRコード読み取りでどうぞ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください